【バイク売却実践編】どこが一番高く売れるのか実際に試してみた。

4ストローク、2ストロークエンジンの違い

やっぱり乗って楽しいのは2st

4ストロークエンジン

4ストロークエンジンとは吸入、圧縮、燃焼、排気という4つの工程を行って作動するエンジンなので4ストロークエンジンと呼ばれています。
1⃣吸入
ピストンが下がる工程で空気とガソリンが混じった混合気をピストン室に入れます。
2⃣圧縮
ピストン室に入った混合気をピストンが上がる工程によって圧縮され熱も持ちます。
3⃣燃焼
圧縮されて凝縮し熱をもった混合気にプラグの火花で点火し爆発させます。爆発力でピストンが下がります。
4⃣排気
爆発した残りカスをピストンが上がる工程で外に排出します。
各々の工程を180°の角度で行うため4サイクル行うのに720°(2回転)動きとなるエンジンです。この縦方向の動きをコンロッド、クランクシャフトを介して回転力に変換しています。

2ストロークエンジン

2ストロークエンジンは4ストと違い、

1⃣ピストンが上がる工程の時に混合機の吸入と圧縮を行い、
2⃣点火されて爆発した力でピストンが下がる工程の後半で排気を行います。
吸入、圧縮、燃焼、排気という4つの工程を2ストロークで行うため2ストロークエンジンと呼ばれています。

各々の特徴

4ストローク

・構造が複雑
・燃費が良い
・排気音が静か(ノーマル)
・耐久性が高い
・排気ガスが綺麗(2ストに比べ)
・内燃機関として塾生されている

2ストローク

・構造がシンプル
・馬力が高い
・燃費が悪い
・排気音が甲高い
・4ストよりエンジン寿命は短い
・ガソリンとオイルを同時に燃やすため排気ガスが汚い
・焼きつきを起こしやすい

その他

2ストは吸気バルブや排気バルブが点いていない代わりに吸気側にリードバルブと言う弁が点いている。排気バルブの代わりはチャンバーが行っている。
比較的エンジンの出力特性が4ストよりピーキー

昨今の厳しい排ガス規制により2ストロークを新車で買うことは限られた車種だけになりました。時代の流れで仕方が無い事ですが2ストのパワーバンドに入った時のパンチのきいた加速と弾けるような2ストサウンドは乗ってるライダーのアドレナリンを放出させる魅力がありました。

もし今、2ストのバイクを所有してるのであれば絶対売ったり、手放さない方がいいです。
大事に乗り続けて下さい。